タトゥーを入れたきっかけ

2020年05月08日
丸之内紗也香 0

皆元気ー?今週もあげてこー!!
ピアスとかタトゥーカルチャー大好き丸之内です!🐆

はい、丸之内は挨拶でも言った通りピアスとかタトゥーとかが大好きです。
なんで?って聞かれると、うーん。難しいんですが、他の人がそれぞれの好きなアクセサリーとか服を買ったり「このブランドが好きでよく買うんです」って言ってるのと変わらないかなって思います。
ピアスもタトゥーも、それぞれ人によって個性が出るんですよね。だから、自分を表現する一つとしてタトゥーもピアスも大好きです!
今回は、タトゥーの事について語っていきます!
タトゥーの話は、入れたときの話とか痛かった部位とか何個かに分けて書いていこうと思います😘

今回は、題名の通り『タトゥーを入れたきっかけ』についてお話していきます!

sタトゥーを入れたきっかけ

まず私がタトゥーに興味を持ったのは小学生くらいで、多分漫画とかアニメの影響だったかな?
初め見たときは、かっこいい!綺麗!でした。多分。もうだいぶ前だからはっきり覚えてないんですけど、悪いイメージではなかったです。
いつか自分も入れてみたい!そう思いました。
中学生になって、本気でタトゥーを彫りたいと思いましたね。腕から爪先までずらっと蛇のタトゥーを彫りたいと思ってました。
多分、中二病心もあったんです(ごりごりの中二病オタクだったので)
自分の身体に蛇を彫るっていうよりも、自分の身体に蛇を飼うってイメージでした。
けどまぁ、タトゥー入れたいって言ったら親からもおばあちゃんからも大反対されましたね。
そりゃねぇ、まだ中学生だったし一生物ですし、何よりタトゥー→入墨=怖い人達のイメージが強かったんだと思います。
今よりタトゥー入れてる人って少なかったでしょうし、おばあちゃんなら尚更悪いイメージしかなかったでしょうし。
けど、いつかタトゥーを彫りたいという思いは消えませんでした。
高校生になって、スマフォを持つようになってからタトゥーの事をYouTubeとかサイトで調べたり、画像を見て楽しんだりしてました。けど、その時の私は心のどこかでタトゥーを入れるのに迷いがありました。一生物だし、飽きたから消したいって訳にもいかないですし、スーパー銭湯とかプール入れないとか制限されたりと色んなハンデがあったので、心の底では迷ってました。

19歳の時に、インディーズバンドを好きになってライブハウスに通うようになってからは、更にタトゥーへの思いが強くなりました。
私が好きなバンドマンさんって、ほぼ一グループ一人はタトゥーが入ってるんです。で、近くで見たりとか好きな人がタトゥーを入れているのを見て、『やっぱりタトゥー彫りたい!』って思うようになりました。中学生、高校生の時よりも、バンドが好きになってからよりタトゥーを身近に感じたからです。
そして、当時働いていたリサイクルショップの先輩が足にタトゥーを彫ったのと、今の彼女がタトゥーが入っていたので決意が固まり、とうとう彫ることに決めました。
けど、一応入れるからには親に言わなきゃと思ってお母さんにそれとなく「今な、やりたいことがあってお金貯めてるねん」「タトゥー彫りたいねん」と言いました。お母さんは「いいんじゃない?もう大人やし、紗也香の好きなように生きたらいいよ。後悔しないならお母さんは賛成よ」と言われたので、先輩から彫師さんを紹介してもらって、ファーストタトゥーを彫りました。
胸にPLAYBOYと薔薇、左手の中指に翼のタトゥーを彫りました。
彫った瞬間の感情は未だに忘れられません。
自分が違う人間になったみたいな、憧れていた自分になれた、新しい自分になれた、もうとにかく感動しかありませんでした。
まだまだ彫りたいタトゥーはいっぱいあるので、お金を貯めていつか全部彫りたいと思います🥰

はい、今回はここまで!タトゥーとかピアスについてはまだまだ語りたいことがたくさんあるので、一つ一つブログにしていきたいと思います😤
ではでは、今週も上げてこー!丸之内でした!


At NAGISA ONLINE SHOPページ

At NAGISA公式ホームページ

At NAGISA住所代行サービス

コメント0件

コメントはまだありません