機械にも相性はあります

2021年08月21日
もっち 0
相性ってあるじゃないですか、職場のいつも一緒に仕事する先輩とは相性が良いんだろうとか、学校で好きになれなかったあの人とは相性最悪だったとか。

あれ、機械にもそのまま当て嵌まるんです。
むしろ機械だからこそ相性があるって言うべきか。

人間ってアナログなものだから、各個人の性格と言ってもその日の気分だったり体調で気持ちや意見って結構変わったりすると思うんです。
いつもアグレッシブに物言いする人も、肩こりが酷いときには少し大人しかったり。
普段あまり喋らない静かな人が実はお酒を飲むとむっちゃ語る人だったり。
ブレ幅が人間だからこそ大きいと思うんです。

でも機械って、まぁ木工だったり金属だったりでブレ幅を少なく、そもそも誤差を極力無くす方向で設計されて作られていますから。
だからこそ相性が大切なんです。
全ての部品が誤差0なら相性なんて関係無いんですけど、残念ながら誤差っていうものは必ず出ます。
部品を作る工作機械のたわみもあるし、重力があるし地球は丸いから。(これ割と真面目な話)

その誤差が出た時にどうやって誤差が吸収しつつ動かせるようにするかってところで相性が発動すると思っています。

解りやすく言えばAの部品が右に+2の誤差があるなら、Bの部品は左に-2の組み合わせにすれば±0になる、これが相性。
金属部品だったら+2が急に翌日-5とかにブレないですよね。
だからこそ機械の相性って大事、相性悪かったら良い部品の組み合わせを探すんです。

2021-08-19s.jpg



At NAGISA ONLINE SHOPページ

At NAGISA住所代行サービス

At NAGISA公式ホームページ

コメント0件

コメントはまだありません