怒られることは幸せな事

2021年02月04日
もっち 0
最近またプライベートの方でも新しい事を始めていて、その先輩にあたる人から色々教えてもらう事があります。
教えるスタンスも様々あると思いますが、人によってはそれが怒られていると感じる人もいるようです。

でも私は常々、怒って貰える関係性って非常に有難いなと考えています。

他人へ何かを伝えるには時間もエネルギーも必要です。
その労力を費やしてでも伝えてくれようとする相手には只々感謝です。

極論、相手が気に食わなければ無視すればいい、喋らなければ自分のエネルギーは使わないわけなのでそう考えるとわざわざ指摘してくれる人って有難いと思いませんか?

よく、教育や子育ての現場では「怒る」と「叱る」は違うと言われます。
怒るは感情的で、叱るは冷静にとかね。

それってその二つを比べてみたら…あえて言うならこうかな?みたいな話で。
感情的に叱ってる人も当然、中には居るので言わば(そうあるべき)というべき論の話しです。

大切なのは違いを知る事。

自分の為に?相手の為に?
相手を批判したいだけなのか、相手を認めてアドバイスをしたいのか。
過去の失敗を論うのか、未来を見据えているのか。
悪い部分ばかり言及せず、よい部分も強調しつつ話を展開する等。

そういった事を怒ると叱るの二つの言葉を持ち出すことで解りやすく伝えたいだけなんです。
タイトルは当然、叱られることは幸せな事と読み替えて頂いても構いません。
言葉尻が肝要では無く、大切なポイントが理解できていれば良いんです。

怒られることは幸せな事s


At NAGISA住所代行サービス

At NAGISA公式ホームページ

コメント0件

コメントはまだありません