パニックを起こしたとき

2021年01月28日
丸之内紗也香 0

やっほー、みんな元気ー?今週も上げてこー!
パニック障害持ちの丸之内です🐆

丸之内、他のブログだったりSNSや配信などでもよく言ってるんですが、色んな持病を抱えていてその中に『パニック障害』を持っています。
最近は落ち着いてはいるのですが、いざパニックになるとどうなるのか書いていきたいと思います。

まず、最近良くなるのが夜眠れなくて突然来るパニック発作です。
この発作は、前兆があるんですよね。
ふとした瞬間に『あ、やばい。パニック起こす』って分かるんです。何故分かるかというと、胸がざわざわして突然不安になって『この世界に一人ぽっち』って感覚に陥るんですよね。
こういう時は、分かった瞬間にまず頓服の精神安定剤を飲みます。で、私いつも日記を書いているのですが何時にパニック起きたと書きます。
そして、その後薬が効く一時間位ずっとそわそわしてずっと何故か不安で、頭の中で『今すぐ命を絶たなきゃ』って考えになります。勿論、死にたくありません。けど、頭は何故かそういう考えでいっぱいになるのです。そういう時は、前のブログで紹介した自分を傷つけたくなった時の対処法を行います。それをしながら、ひたすら音楽を聞いています。ちょっと暗い歌詞の曲をひたすらリピートしています。
そして、一時間位経てば『あ、収まった』ってなります。ずっと曇っていた頭が急にクリアになります。こうなればもう大丈夫です。

2つ目は、仕事中によく起こしていた発作です。
こちらは仕事が溜まってきたりとか、仕事量が多すぎて退勤時間までに間に合わないかもと焦ると起きます。『終わらせなきゃ迷惑をかけてしまう』『早くしなきゃ』と思うと、急に誰かに監視されていると思い込んで『あ、やばいここにいると誰かに殺される!』と何故かそう思うんです。
で、急に怖くなって慌てて精神安定剤を飲んでトイレに走って個室の中で縮こまって震えて耐えていました。
この時出る症状は、過呼吸・頭痛・嘔吐・吐き気・手足の震え・目眩ですね。
もう立ってられないので、トイレの個室の端っこに縮こまって自分で『大丈夫。大丈夫。ゆっくり深呼吸して。吸って…吐いて…吸って…』とずっと言い聞かせて呼吸を整えます。呼吸さえ整えば、脳や身体に酸素が回ってやっと動けるようになるので。こちらは10分〜30分くらいで落ち着いてました。けど、頻度は多くて発作を起こしてから毎日、酷い時は一日何度も発作を起こしていました。仕事を辞めてからは無くなりました。

3つ目は、電車やバス、新幹線など公共の乗り物に乗っている時に起きます。
私は元々閉所恐怖症でもあるので、ドアが閉まる瞬間などを見ると『あ、もう降りれない。閉じ込められた』と思ってしまって、そこから過呼吸になり立ってられなくなります。
なので、電車やバスに乗る時は空いているか見てから乗ります。一度発作を起こすと立ってられなくなって倒れてしまうので、座れるかどうか確認してから乗ります。
後電車は、乗る30分とか前に精神安定剤を飲んでおいたり、その時の体調によって早く帰るために急行に乗ったりいつでも降りれるように普通に乗ったりと速さによって選んだりもします。
混んでいたら、何本も空いている電車を待つ事もあります。どうしても満員電車に乗るときは、手すりにしっかり掴まって倒れないようにして、意識を他に向けるためにYouTubeなどをガン見しています。降りたら、深呼吸して落ち着かせてから帰ります。
最近は、ずっと電車に乗っていないので余計に乗るのが怖くてどこにも行けていません。
誰かと電車に乗る時は、服の裾を握らせてもらって『大丈夫。一人じゃない』って必死にそう思い込んで耐えてます。後はなるべく空いている時間にしてもらったり、隣に座ってもらったりしています。
躁鬱と摂食障害は最近コントロール出来るようになってきたのですが、パニック発作はいつ起きるか分かっているけどどうしても起きてしまうので厄介です。
パニック障害とはまだまだ長い戦いになりそうですが、負けるつもりはないです。
絶対乗り越えてみせます!!💪🏻

ではでは、今週はここまで!今週も上げてこー!丸之内でした!🐆

パニックを起こしたときs


At NAGISA住所代行サービス

At NAGISA公式ホームページ

コメント0件

コメントはまだありません