過去の自分は私を見つけられるのか

2020年12月18日
丸之内紗也香 0

やっほー、みんな元気ー?今週も上げてこー!
昔の写真と今の写真が別人すぎる丸之内だよー!🐆

はい、今回はちょっと語る回です。
私、小さい時からずっとずっとコンプレックスの塊だったんですよね。
それは幼稚園くらいからかな?自我が芽生えて家族以外の他人と接するようになった頃からずっと『私は太ってる。この体型が嫌いだ。太ってるし可愛くないから、やりたかった劇の可愛い女の子の役は出来なかった』『私は可愛くない。他の子は可愛いのに、私は一重で鼻もでかくて良いところなんてない』と幼心で思ってました。
コンプレックスは、小学生に上がってから尚更強くなりました。『近所の仲いい友達は皆可愛くて細くてお洒落で、私は太っていて可愛くなくて服もお洒落じゃない。』ってずっと思ってました。
そして、実は私は高校に上がるまでの小学校6年間と中学校3年間ずっといじめを受けていました。
いじめられていた理由は、まぁよくある『ブス、デブ、キモい』と罵られたり、菌扱いされて私が触った物は全部『汚い、気持ち悪い』と言われたりとよくある物でした。小学生ながらにもうその頃から『死にたい、辛い』と悩んでいました。
4月になって春休みが終わり、新しい学年に上がる前の日は『また虐められるんじゃないか』と布団の中で怯えて毎年泣いていました。

周りからブスだのデブだの気持ち悪いだの言われるわ、自分自身も自分の事が嫌いだった私は性格も歪んでましたね。虐められる辛さが分かっているのに、虐められないように不良集団に無理に合わせていじめをした事もありました。今、被害者の方に会えるなと土下座してでも謝りたいです。
相手は会いたくないでしょう。けど、思い出しては後悔しています。

そんな9年間を過ごしていた自分は、母からよく『貴方は21歳とか22歳になったら、人生が輝くよ。楽しくて楽しくて仕方ない人生を送れるよ』と言われていました。その言葉を半分疑って信じてはいなかったのですが、『辛い事の後には良い事が起きる』と信じて耐えていました。
そしてその頃の私には理想というか夢があって、『いつか私が大人になった時に、幼い私が「今からこの通りを未来の貴方が通ります。この人混みの中から見つけられますか?」と言われて街で自分自身を見つけられない位綺麗になってたらいいな』といったものでした。タイトルの事ですね。
大人になった今思います。きっと、幼い私は今の私が目の前に現れたとしても自分だと信じられないだろうと。それ位、貴方は綺麗になって自信に満ちて楽しい人生を歩んでいるんだよ。と過去の自分に言ってあげたいです。
勿論楽しい事ばかりではありません。死にたくなるくらい辛いことや悲しい事、悩みだってたくさんあります。けど、今の私はそれを乗り越えられるくらい強くなったと思います。
周りと比べたり世間一般から見ると、私は強くないかもしれないし「何やってんだ」と言われるかもしれません。けど、比べたって変わるわけじゃないので、私は私なので私のペースで進んでいきます。
幼い私へ、今の貴方は本当に辛くて悔しくて苦しくてどうしょうもなくて潰れそうになっていると思います。会えるなら思いっきり抱き締めてあげたい。けどそれは叶わないから、貴方が今まで苦労した分、いやそれ以上に幸せになってやります。約束します。

過去の自分は私を見つけられるのかs

はい、今回はここまで。過去には戻れないけど未来にの進めるから、私は前だけ向いて歩いていきます。これからの丸之内の成長や活動に期待していてください。

ではでは、今週はここまで!今週も上げてこー!丸之内でした!🐆



At NAGISA住所代行サービス

At NAGISA ONLINE SHOPページ

At NAGISA公式ホームページ

コメント0件

コメントはまだありません