学校の内科検診

2020年11月01日
丸之内 0

やっほー、みんな元気ー?今週もあげてこー!
今日は自分の体験談から真面目な話をする丸之内だよ!🐆

題名にある通り、今回は学校の内科検診について語ります。
私、小学高学年から中学生まで極度の男性恐怖症だったんです。理由は痴漢やセクハラなどのトラウマからでした。家族(パパや弟)ですら、気持ち悪く感じてしまうくらい極度の男性恐怖症でした。
私の時代(今はどうなのかな?)学校の内科検診って、体操着の下は何もつけない状態だったんですよね。小学低学年の時は気にならなかったんですけど、私は発育が早くて小学4年生位になってからは胸が発達してきていたのでもうブラジャーをつけていました。
なので、内科検診の時にブラジャーを外させられて体操着一枚の姿にさせられるのが凄く辛かったです。胸を張れば胸の形が出てしまうので、男子にそれを見られるのが、女子から「えー丸之内ちゃん胸大きいね羨ましいー」って言われるのが怖くて胸を隠すようにずっと丸まってました。
小学4年生だった私は『前に病院に行ったときは服の上から聴診器を当てられたから今回もそうだろう』と思っていたのですが、いざ自分の順になると看護師さんから何も言われずに急に胸の上まで体操着をあげられました。そのまま隠したりとか配慮もなく終わりました。その後は恥ずかしさと男性恐怖症からの恐怖と急に服を脱がされたことと何故自分は周りの子と違って胸が大きいのかと色々ショックで泣いてしまいました。

その後、内科検診があると発表されるたびに思い出して吐き気がしたり悪寒がしたり震えたりしました。あの恐怖や羞恥心をもう感じたくない。そう思っていました。
なので、内科検診がある時はタイミングを見計らって保健室の先生(女性の先生)に「すみません。私、男性恐怖症で怖いんです。辛いんです。どうにかしてもらえませんか?」と言って、なるべく服の上からとか服の中に手を入れて露出を減らしたり、看護師さんに変わってもらったりとかしてもらってました。これを読んでいる方の中には、「わがままじゃないの?」とが「自意識過剰すぎでは?」と思った方もいるかもしれません。けど、あの経験は二度と味わいたくないです。
あの時、嫌な顔や否定をせずに受け入れて内科の先生に話して対処してくれた保健室の先生方々には感謝しかありません。
先生方ありがとうございました。

学校の内科検診d

この話は、友達とこの話をしていて思い出して話しながらツイートしてたんですけど、これはブログにまとめて発信したいと思ってブログに書きました。
この話をしていて『内科検診の時は、性自認が男性の子は男性の先生、性自認が女性の子は女性の先生、性自認がない子はどちらでも選べる』みたいな制度にならないかなと考えました。
友達も同じように「辛かった」と言っていたので、私が思っている以上に同じような体験をした子は多いのでは?と思いました。
学校側としては難しいと思います。お金の面だったりとかね。けど、これを望んでいる子は多いのでは?と思ったんです。これを読んでいる貴方はどう思いましたか?
『そんな大げさな』と思われた方もいるかもしれません。そんな人は、こういった思いをした子がいる事は忘れないでください。
理解してくださいと強要する訳ではありません。
ただ、一クラスの中に一人、もしかしたらそんな思いをした子がいるかもしれない事を知っていてほしいです。

今回は真面目に語りました。自分自身本当に辛い経験だったので、同じような経験をした人がこの記事を読んでくださってもし声を上げてくださるなら私もそれに参加したいです。
記事を書きながら色んな意見が出てくると思いながら書きました。
あなたの意見を無理に変えたり、理解してくれ!とは思いません。ただ、こういう思いをした子がいるんだと思っていただけると嬉しいです。

ではでは、今週はここまで!
色んな意見が聞きたいので、もしよければ貴方の意見をお聞かせください。何ならメンバーからも聞いてみたいです。この記事を読んでくれたメンバーの中で、意見を言いたいと思ったメンバーはコメントください。
貴方の意見を否定はしません。(差別的、暴力的な意見は辛いですけど)意見は意見として拝見させていただいて、返答は出来ないかもしれないです。
それでも良ければご意見などお待ちしております。

ではでは、今週もあげてこー!丸之内でした!🐆

At NAGISA住所代行サービス

At NAGISA ONLINE SHOPページ

At NAGISA公式ホームページ

コメント0件

コメントはまだありません