赤いペンで書いてみた(イラストとかではないです)

2020年08月22日
丸之内紗也香 0

はい、丸之内です。前回のブログ『はいどーも。』では明るいブログ書くって言ってましたが、今回もダークです、ごめんなさい。あのブログ書いた五分後にこれ書いてます。

✲注意書き
○このブログは「自分で自分を傷つけてしまう人は赤いものを見るとその欲求が抑えられるらしい」と母から教えてもらって実際に試してみたブログです。
自分で自分を傷つける行為を推奨するのではなく、むしろ傷付けることなく、しかも落ち着かせるために自ら試してやってみたというブログです。
○自分で自分を傷つけてしまう行為を見たりしてしまうと、その欲求に襲われてしまう方は見ない方がいいかと思います。それか、傷つけてしまうのではなく私が試した方法を試してみてください。

では早速やり方とやってみた感想と思ったことを書いていこうと思います。


やり方は簡単です。
○傷つけたい部位に赤いペンで線を書く。
○赤い物を見つめる。
これだけです。
私は赤い日記を見ながら赤いペンで腕に線を書きまくりました。
やってみた感想は、ありだな。でした。
痛みはないし傷はつかないし残らないし少し気持ちも落ち着きました。(私はやる前に精神安定剤を飲んだのでそれもありますが、傷つけたい部位が赤いという事実で気持ちは落ち着きました。)
水性ペンでやればすぐ落ちるしそっちのほうが良かったのですが、あいにく頭回っておらず油性ペンでやりました。
自分の腕を見ていると、傷つけてしまった時よりも冷静で『あぁ、またやってしまった…傷が残るかも…自分は弱い…駄目な人間だ…』という罪悪感にも襲われませんでした。
逆に『あぁ綺麗だな』という思いが残りました。
可愛く手首にハートも書いてみました。ハートは、自分を労るために書いてみました。

やってみて思ったことは、『これ多分肌弱い人だったら荒れるかもなぁ…』でした。油性ペンって、人肌に書くものじゃないじゃないですか。
だからほんのほんのちょっとだけですけどピリピリとしたので、肌弱い人だったら荒れるかもしれません。
肌弱い人は赤いアイライナーとかアイブロウとかでもいいかもしれないですね。あれはメイク道具なので肌に書いても問題ないでしょうし、何よりメイク落としで消せますしね。

赤いペンで書いてみた(イラストとかではないですd)

私は自分で自分を傷つけてしまう行為ややってしまう人を『弱い人』とか『恥ずかしい行為』『隠すべき傷』だと思いません。
むしろ、やってしまう人は『生きるために頑張って藻掻いている』、行為は『自ら命を絶ってしまうよりかはそれで満足して終わるならいいじゃない』傷は『生きるために藻掻いた傷』『その人の苦しいけど生きたいって気持ちの現れ』だと思っています。
私自身、半袖になると見える傷いっぱいあります。普段は隠さない事が多いですが、YouTube撮影や家族の前、事情をそこまで知らない人の前では長袖など着たり包帯を巻いて(転けて擦りむいたと嘘ついてます)隠しています。それは、心配をかけてしまうのと驚かしてしまうのが申し訳ないからです。
けど、時間がだいぶ経って残ってしまった傷はそのままにしてたりします。じっくり見ないと気づかないかなって思ってるからです。もし『それ自分でやったの?』って聞かれたら、まぁ人によって答えは変わります。「料理してるときに手が滑った」とか「うん、そうなんだ。」とか。
人によって変えるのは、自ら傷つけてしまったとしても「そうなんだ」で終わらしてくれる人がいたりするからです。
正直、心配されると申し訳ない気持ちと『そこまで私の事思ってくれてるんだ』と嬉しい?ありがたい気持ちになりますが、『ふーん』くらいで済ましてくれるとありがたいです。
先程述べた通り、恥ずかしい事とか隠すべきとかは思ってないですけど心配かけちゃうと申し訳ない事をしている気持ちになるからです。
だから、もし今後オフ会やYouTubeやTwitterなどのSNS、配信などで傷が見えてしまったときは『あ、丸之内は生きようと頑張って藻掻いてるところなんだ』位に思ってもらえる嬉しいです。
丸之内はこうやって生きてます。化けて出てきてブログ書いてる訳ではないです。自ら傷つけてしまったり、自ら命を絶ってしまおうとしてても、丸之内は生きてます。これからも生き続けます。
だから、安心して応援したり仲良くしてください。
皆さんの悲しんでる顔よりも、楽しそうにしている顔の方が丸之内は見たいです。

いつか、左腕は赤い物のタトゥーで埋め尽くしたいなって思ってます。傷が残ってるので上手く彫れないかもしれないですが、林檎とか薔薇とかハートとか唇とか赤くて可愛い大好きな赤色で埋め尽くしたいと思っています。

はい、今回はここまで。ちょっと暗いブログになってしまったかもしれないし、これをかな読んだ人で悲しい思いにさせてしまってたり自らを傷つけたくなった人がいたら本当にすみません。
傷つけたくなった人は、刃物じゃなくてペンを握ってください。
線じゃなくて、好きな絵で埋め尽くすのもいいかもしれないですよ。私のハートみたいに。

ではでは、今週ものんびり生きていこう。
丸之内でした。

At NAGISA住所代行サービス

At NAGISA ONLINE SHOPページ

At NAGISA公式ホームページ

コメント0件

コメントはまだありません