好きな映画ランキング第6位

2020年06月11日
もっち 0

あまりテレビもアニメも映画も見ないんですけど、劇場に見に行く事は好きです。
以前にも書いたことありますが、「ながら」が苦手なのがテレビをあまり見ない原因なので・・・ 映画館って、観るために行くじゃないですか、だから「ながら」では無いのでどちらかと言えば好きです。

では、もっちの好きな映画ランキングを今回纏めましたので御覧ください。

第6位 チャーリーとチョコレート工場 2005年のアメリカ映画

 これはパイレーツ・オブ・カリビアで有名になったジョニー・デップ出演の映画です。
巨大なチョコレート工場がある街で、みんなそのチョコレート工場に憧れてるんだけど(多分。グリコの工場見学行きたい!みたいな感覚かな)商品のチョコの中に同封されてるゴールデンチケットを探し当てたら工場見学ができるキャンペーンが開催されることになって、主人公のチャーリーは見事そのチケットを引き当てて工場へ。そこには癖の強い工場の経営者が居て(それがジョニー・デップ)5人のうちの1人には更に副賞として素晴らしいものを与えます!と言う筋書き。

 好きな映画だと自称しておきながらストーリーを全部覚えている派では無いんです、なんかふわっとしか記憶していない、だからこの映画の結末も何となくしか覚えていないのでストーリーがむっちゃ良かったとか、このセリフがとても好きみたいなことって基本無いです。

じゃあなにが好きなの?と聞かれたら、映画全体の雰囲気です。 エンターテインメント感と言うか「さぁ!楽しませるぞ!」というのが大々的に押し寄せてくる感じが好きです。
 大流行したパイレーツ・オブ・カリビアを観ても解るじゃないですか、あれのどこが魅力的かって言うと皆ジョニー・デップのチャーミングかつ適当で大胆な海賊が好きなんです。そして大航海時代の海原と宝探し。いかにも映画的ですよね。

この映画にも、そのような事がふんだんに盛り込まれています。舞台は海から工場に代わって、ラム酒がチョコレートへ、海賊は経営者になってますけど。 結構この非日常を如何に楽しませるかポイントを私は重視しています。
いかにもー!みたいな演出が大好きです。人によってはそういうのって「わざとらしい」「ありえない」「現実味がない」と言うような理由で嫌いって意見も聞かれます。 解ります。 監督がティムバートンなので癖が強いです。 日本でいう所の三谷幸喜さんですよね。
 
 でもよくよく考えたらこの映画のタイトルって相当変だよね。訴求ポイントが完全にチョコレート工場しかない。チョコレート工場に興味ある人しか手に取らない。そんな人居るのか? 私はどちらかと言うとジョニー・デップが出演するらしいという話を聞いたから観てみたものの、そうでなければスルーしてそうなタイトル。  

 だから気になった人はみてみて。(1)チョコレート工場の秘密に興味ある人 (2)ジョニー・デップが好きな人 (3)ティムバートン監督が好きな人 (4)エンターテインメントが好きな人 (5)げっ歯類のリスが好きな人

原作は60年代の小説で、70年代に一度「夢のチョコレート工場」という題名で映画化されてます。チャーリーとチョコレート工場が気に入った人は、こっちの夢のチョコレート工場も見ると楽しいです。 監督や役者の差がこんな感じなんだねー!というのをお手軽に楽しめる良作です。 新旧見比べるとか通だね!

あと、作中に出てくるゴールデンチケットが同封されているかもしれないチョコレート菓子が実際にNestle日本(兵庫県本社)から発売されていました。この映画は既に何回も見た事あるのにチョコレート+DVDのセットになってる奴がヴィレヴァンで売ってたのでまんまと買ってしまいました。なんだろう、好きな物には自然とお金を使ってしまう良くある奴です。そのアイテムが手に入るだけで嬉しいんですよね。

 蛇足ですがティムバートン監督の有名な作品はシザーハンズ、ナイトメアー・ビフォア・クリスマス辺りだと思います。 ビッグフィッシュやビートルジュースも私は好きです。 ティムバートン座談会誰か開いてください。

 次回は私の好きな映画ランキング 第5位 マトリックスの話をします。


#夢見る人をはじめる人に
At NAGISA住所代行サービスのクラウドファンディング参加ページ
#クラウドファンディング
#campfirejp


At NAGISA ONLINE SHOPページ

At NAGISA公式ホームページ

At NAGISA住所代行サービス

コメント0件

コメントはまだありません